スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曾根崎心中考

東京ノーヴイ・レパートリーシアターの第7シーズンにむかって、
だんだんと忙しくなってまいりました。

最初の企画はもう始動しています。



鎌倉で演劇を「開く」シリーズ Vol.2
第5回鎌倉演劇祭参加作品
『曾根崎心中』妙本寺公演

http://www.tokyo-novyi.com/japanese/bosyu.html

これにちなんで、ツイッター(tyler96i)でつぶやいたのを転載します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

曾根崎心中考①永遠の愛なんて誰も信じない。もちろん、それは存在しない。だが仮に「愛」が在るとすれば、それは「永遠」に違いない、と人は信じているのである。そして、もちろん、その通りだろう。愛の永遠。

曾根崎心中考②社会生活にとって愛とは、つまり悪である。愛の本性は反社会的だからである。人々は、愛を嗅付けるや無意識に迫害してしまう。だが結局のところ、人々の歪んだ欲望は、物語のなかでその愛を見たいと願うのである。

曾根崎心中考③人を愛すると、とたんに彼は自分が弱い存在になったと気付く。変に感じやすく、涙もろくなる。愛は無力なものであり、そもそも彼自身が愛の前で無力である。愛はただ愛でしかない。愛がすべてである事の寄辺なさ。…巷では愛は強しと言うが、ここで描かれる真実は少し違う。

曾根崎心中考④愛は又、愚かなものである。それ故に、愛は子供心の領分である。「心中」という行為も、まるで何かのイタズラのように掴まれるとき(その様に表現されるとき)、この心中という行為の愚かしさが愚かしさのままに“ひっくり返る”瞬間がある。恐ろしい無邪気さのなかで…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ツイッターだと、言葉足らずになりがちですが、これはこれで、ここでも特に補足はしません。
ただ、一つだけ言えば、上記はあくまで東京ノーヴイの公演をみた僕の印象をもとにつぶやいています。

コミュニケーションツールとしては利用していませんが、
何かを考えるキッカケ(とりあえず言葉にしてみる)のツールとしてツイッターは手軽で良いですね。
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。