FC2ブログ

アフタートーク「宮沢賢治は銀河人」

12/21(日)「銀河鉄道の夜」のアフタートークでお聴きしたお話を、簡単にレポートしたいと思います。

東京ノーウ゛イレパートリーシアターでは、
「日本人の心の晩御飯」
~“すきとほったたべもの”を召し上がれ~
という企画で、毎週日曜3/29(日)まで
「曾根崎心中」
「銀河鉄道の夜」
の二作品を連続上演していますが、
今回のアフタートークは第1回目(全8回)のパネラーとして、新田満さんをお招きしました。

新田さんは、岩手県(賢治の生きた地ですね)を拠点に様々な演劇の活動をされていて、御自身でも宮沢賢治作品の演出を多く手掛けていらっしゃるだけあり、分りやすく、また深いお話をお聴きすることが出来ました。

「わたしは学者ではありませんし、作品はどう受け止められても自由なものだと思います。だから今日は、賢治に親しんでいる、いちファンとして、そのわたしが、銀河鉄道の夜をどう受け止めているかお話できれば良いかなと思っています。」

と、始まったお話は、「銀河鉄道の夜」に結晶する“考え”を見やすくするために、それまでの賢治作品を丁寧に辿り、また、農民芸術概論から法華経、妹トシの存在の事まで短い時間ながら、まさに“賢治概論”のようでした。
面白かったのは、

「賢治の作品は、よく分からないんですね。電信柱がしゃべっていたり、ドングリが会議していたりね。こんなこと書く奴は、当時から変人扱いですよ。賢治には、頭で考えても分からない表現がたくさんあります。わたしらは、ただ、賢治にはそう“みえた”んだなと思うしかない。」

と、色々なモノの間の交流を描く賢治に、アミニズムまたは平等の感覚を指摘されていて、なるほど、こういうところが詩人というものかと思ったりしました。

続いて、「銀河鉄道の夜」自体を詳しく辿って行きましたが、ここでも「賢治はあの世(四次元)のことが見えたのだろう。そして、その世界の法則を描き出しているのではないか。」とおっしゃっていて、とても興味深かったのは、それが私達の作品理解と表現は違っても、ほとんど重なっていたことです。
だからでしょうか、こんな言葉を頂きました。

「今日、皆さんの観た舞台は、わたしのお話した作品理解とは、少し違うところもあるかも知れません。
けれども、わたしは銀河鉄道の夜の舞台作品を幾つも観ていますが、今日の舞台は、その中でも最も丁寧に作られた良い舞台です。」

ちなみに、新田さんには企画者から、是非アフタートークは岩手弁で、とお願いしていました。
「そう言われっとナンだかうまく方言が出て来ねえなぁ。もう充分訛ってっとは思うけど。」と言いつつ、新田さん!ありがとうございました。
そういえば、こんな話もされてましたね。
「演出家のアニシモフさんはロシア人ですが、岩手とロシアとは、奇妙な共通項があるんです。
ロシア語で「はい(イエス)」は「ダァ」。
岩手弁で「はい(イエス)」は、「んだぁ!」。」

……オアトが宜しいようで。
以上、レポートとさせて頂きます。

制作部 N・Y
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する