FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとは沈黙 SO0111

1/11(木)の夜、「曾根崎心中」を観劇しました。

あまり、うまくいかなかった公演じゃないだろうか。それは本当に残念なことだけど、無責任な観客のひとり(?)として、そう思いました。

ところどころで真面目過ぎ、ところどころで肩に力が入り過ぎているようでした。
まあ、それでも見応えのある演技もあるにはあって、そんなところでは俳優の真実の心が表現されていて唸らされたりもするんですが、そう関心することと作品に心を動かされることとは別物なんですね。。。あとは沈黙。

ああ、僕等はフィクションのなかに生きよう。
フィクションの力を手にいれよう。
そいつで現実を逆照射するんだ。
その光に照らされて、世界はその姿を、その意味を、わずかながらも変えるのだ。

ところで僕等には、
どんなフィクションに到達可能なのか?


byペンギン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。