FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第十二次つぶやき大戦

「舞台とは、目で聴く音楽なのかも知れない」

先週のつぶやきです。
(ちなみに先々週は、劇団京の研究生の卒業公演があり、レパートリー公演はお休みでしたので、つぶやきもありませんでした。)

第四シーズンが始まってからのレパートリー公演を観ていて、これは音楽だな、と思える時が僕にはあります。
アニシモフはよく
「チェーホフは交響曲だ」
と言っていますが、以前は音楽という感じはあまり受けなかった。
どちらかといえば散文的な印象が強かったんじゃないだろうか。うまく言えないのだが。

では、これは音楽だという(きっとかなり良い上演だろう)時に、僕は何を感じているのか?
それは、たぶん「時間」である。
音楽とは、耳の芸術であると同時に「時間」の芸術でもあります。
音楽芸術で重要なのは、その時間体験だと言える。
そして、俳優が舞台できちんと生きている時、そこにはまた体験すべき時間が生まれているのです。

しかし、舞台で生きるって何だろう?
あえて言えば、誰か(何か)と交流があるってこと。
ちゃんと、いま・そこで誰か(何か)に耳を傾け、感じたり、考えたり、そんな感じ、そんな方向。
すると舞台に「時間」が流れ出す。素敵なことだ。

旋律は、生まれては消えていく。交流もまた、生まれては消えていく。
その言葉にならない「時間」の流れ。
その流れを見つめていると、なぜか人は癒される。
演劇がかけがえのない芸術なのはその時だと思ったりする…なんてね。

もちろん以前にも交流はあったのですが、今期では作品全体のなかで、交流が途切れなくリズムを持ち出したようにみえる時があります。
これは、耳の芸術(こちらは心もと無いですが…)ではなく、時間芸術の意味での音楽性の可能性が開かれてきたってことじゃないか。

誰かが言いました。
すべての芸術は音楽にあこがれる、と。

ま、今回はちょっとした手前ミソな感想でした。

ペンギン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。