FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アートサロン

アートサロンのレポートを書かなくちゃなと思いつつ、日がたってしまった。

今回もたくさんのご参加ありがとうございました。

いやぁ、白熱した議論がかわされたのでありました。

本当なら、全体の流れを細かくレポートしたいのですが、何せいろんな話が飛び出して、どれも面白く、圧倒されて、書ききれないし、書けない。

とりあえず、僕の興味に沿って追えるだけ追い、メモ書き程度に感じたことなど書いてみたいと思います。

まず、テーマがえらいこっちゃ。
「200年後の未来のために」
ですもの。

始めに、鎌田さんが、未来には悲観的にならざるを得ない、と述べたのに対し、アニシモフさんが、私は人間の意識の成長を信じるから楽観的だと答えます。
そして、インテリゲンチアは、その成長を導く義務がある、みたいなことを言います。

すると、ランディさんは、意識って言われてもなぁ、と言う。
ランさんは、ワーニャ伯父さんを観て、そのどーしょーもない人間たちの生活に慰められた、と言っていて、ここからは私見ですが、たぶんランさんの場合、100年前の人間の生きざまに慰められる自分がいるなら、いまここで自分が深く生きること、それが自ずから未来のためになっていく、という希望の持ち方なんだろうと思った。たぶんですけど。

鎌さんは、インテリがそもそも信用ならない(少なくとも日本では文化的経験としてその理由がある)と言い、知性よりも身体性の重要をおっしゃった。

アニさんは、ロシア語ではインテリと学歴は関係なく、社会のために活動する人をインテリと呼びますと説明し、意識にとって知性の考えは誤るが、こころの考えは誤らない、ということを述べていた。

ここまで、ごく部分的な抜粋ですが、このあたりの議論を聞いていて、思ったことがあります。

日本のインテリは、そのはしくれに僕をも含め、信じることに慎重だ、いや臆病だ、ということです。
アニさんは、まあロシア人といっても特殊な部類の人間かもしれませんが、信じる、という言葉を公に対して素直に口にする。
一方、鎌さんもランさんも、信じるという言葉を使わずに何かを信じようとしている、みたいな矛盾を抱えているように思えた。
だから例えば、身体性というモチーフなどが出てくると思うのですが、でも僕にもこれはよく分かる。そこには、やっぱり日本的な理由があるからです。

しかし、次のことが僕にはよく分からない。

こころを信じることと、身体性の獲得、ふたつはどう同じでどう違うのか?
身体にこころが宿るのだから、やはりふたつのことは触れ合っているはずだ。
けれど、全く異なる発想とも思える。
アニさんは、こころを信じることで未来を夢見るが、身体性から未来を夢見ることは出きるか。
あるいは、そもそもそんな必要なんてないのか。
分からない。

でも確かなことは、僕はやっぱり、こころを信じてみたい、と思っている。
こころのない世界なら生きていたくはない。
誰だってそう思っているんじゃないだろうか。

だから僕は、俳優の仕事を通じて、こころを証明したいと思うんです。
しかし、これ自体は、それほど難しいことじゃないです。
重要なのは、このことによって、信じるという言葉が、公の言葉として回復することなんだ、
そんなことを考えたのでありました。

byペンギン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。