FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

銀河日誌/満喫中

「銀河鉄道の夜」稽古第5、6週目。

今は、昼の週3日が銀河の稽古にあてられ、残り3日が既存作品の稽古です。
また、日曜日はアートサロンやら温泉旅行なんてのをやりつつ、夜はワークショップやら会議をこなし、当然、飲み会があり、隙をみてバイトする、、という典型的な演劇ライフが展開中です。

僕、嘆いてなんていませんよ。
満喫しているんです!
たぶん。。

さて、銀河稽古。
ようやく、全体の素描を終え、大体のカタチが出来上がりました。
以後、俳優の演技(色付け?)も高いレベルで要求されることが予想されます。

この二週間の稽古内容は、
様々のヴァリエーションを試みて、よりシンプルなものを採用していくというものだった。
そこでは、本当に美しいシーンが形象化されながら、結局採用されなかった例も少なくない。

演出家が苦心していたのは、
この「やさしさだけでつくられている物語」の持つ無邪気さとデリケートさを、どう損わずにやるか、それと、夢の独自の感覚をどう伝え得るか、という事にあったと思う。
この辺りには、まだ気掛かりな点が残っているようですが。

しかし、ここまで稽古してきましたが、僕はやっと作品の理解が出来るようになってきました。
僕にははじめ難解というか、意味不明な、ナンセンスな箇所が随分あったんですが、

アニシモフが言うように
「これは単なる思い付きで書かれている作品ではない。賢治のもつ考えの論理で一貫しているんです」
ということが、稽古を通じて分かってきたんですね。

ま、さておき、
けーいこーはぁつづくーよぉ♪
どーこまーでーもぉ♪
また来週。

ペンギン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。