FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやき6

「よりより
よりより」

先週のつぶやきは、コレ。
スタニスラフスキーの「四つのより」です。
劇場階段に常に掲示されているので、今さらって感じですが、
「より単純に
より軽く
より高く
より陽気に」
というヤツですね。

あーあ、つぶやいてシマッタよ。
ザ・極意。

すべてがココに収斂される。
私達の目指す演技(演劇)が、たどるべき過程であり、
迷ったら立戻る言葉です。

けどなぁ、迷ってばかりの僕には、ありがたーい指針といえますが…
一体ナンド立戻れば済むのやら、否、何度でも!
そう、たとい、いかな名優も立戻るはず。
何度でもいいのだ、必要ならば。
立戻れることが大事。
ザ・極意。

さてしかし、何て事もなさげな「四つのより」が、
なぜ、それほど大きく、また深みある言葉なのか?

俳優ではない皆さんには、どう聞こえるんだろう。
僕には、少なからぬインパクトが、よく分からぬままに、ある。

この言葉には、ある方向性が示されている。
ということは、分かる。
その道は、ドコヘ続いているんだろうか?

次週、よく分からぬままに、
僕の場所から、その道をたどってみたい。

ペンギン

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。