FC2ブログ

つぶやき9回裏

「人間の高みを
想え…」

今回は「より高く」の考察。
だが、より高い演技とはナニゴトか?
高質な?これは大事。
高値な?出来るなら。
高貴な?うーん…
高尚な?イヤミかな。
高慢な?高踏的な?高声な?…
高いにも色々ありますが、
このなかでは、実は「高尚」が近い方向性だと思います。

けど、高尚なんて言葉、普段使わないですよね。
稀に、高尚だね、なんて聞けばやっぱりイヤミだろうし、
オレは高尚だ、なんてのは頭がオカシイに決まっている。
それでも、ここではこの方向なのです。
事実、ウチの劇団では頻繁ではないが耳にする言葉なわけで(おそろしいことに?)。

ウチでの「高尚」の使われ方を知る必要がある。
いま辞書(広辞苑第四版)をみると「学問・言行などの程度が高く、上品なこと。」とあるけれど、それと何か関係あるかしらん?
上品?そんなんでない。
別に特殊な使い方をするわけでもないけれど、ちょっと違うのだ。
大雑把に説明してみよう。

こんな風に言えると思う。
例えば『どん底で』のなかで、人間は結局「(人類にとって)よりよきものの為に生きるものだ」ということが語られている。
演ずることも又、つまるところ、その為の営みのひとつですが、
ここにあるのは、真に生きる者に現われてくる精神性の高さだといえます。
私達は、その高さを指して「高尚」と呼ぶのだ、と。
まあ、意味としては妥当ですよね。
でも何となく、まだウサン臭い。精神性が高い?バカ言うな。

ここで一応、先週からに続いて、演技をラブレターに喩えてみましょうか。
「より高く」の場合は、
「愛しています」と一言(単純に軽くね)書く所を
「一発ヤラせて」
とか言っちゃダメ、ということだ。
これでは「低い」…
だがしかし、低くてナニガ悪い、とも言えるだろう。僕の内心の声である。
僕の(われわれの?)現実は、低さをまぬがれないのじゃないか。
またしかし、低くていーのか!?という(これも内心の)声も、もちろんありますけれど。

ではところで、この「高さ」に対する抵抗感って何なのか。
おそらく、「高いモノそのもの」なんて現実に存在しないことに由来しているでしょう。
それが、よりよきものだろうと、いわゆる真善美だろうと、或いは愛だろうと、それ自体は、人間の持ち物では無いのではないか。
言ってみれば、それは神の領域のモノである。
完全性を自称する高さには、気をつけなければならない。
我々に残され手にしているのは、ただ、それらへの「あこがれ」ばかりなのだ。
ならば、つまり(精神性の)「高さ」とは、実質的には、あこがれの高さに他ならない。
不完全性を自認する高さと言っても良い。
我々は地上から、あこがれ求めるだけの生物である。

ずいぶんマワリクドイ言い方をしました。
しかし、ここまで来て僕には「より高く」の方向性が正当化出来る気がするのです。
いざ、あこがれ求めよ。
いまこそ、思い切って「高く」演じるべし。

次に、具体的に「より高く」の内容を見ておきましょう。

どんな登場人物にも、何かしら「高さ」があるものです。
それは、ストーリーの展開やシーンの状況、台詞から察せられるものです。
しかし、これは手掛りに過ぎません。
本質的には、それは隠されているのである。
どういうことか?
俳優の仕事は、役の持つ高さと俳優自身の高さを共有させることですが、
実際の舞台では、俳優の演じ得た高さが、つまりは役の高さです。
俳優は、自ら演じることで役の高さを証明しなければなりません。
だから、低くもなれば高くもなる。
極論すれば、戯曲と無関係な低俗を役に与えることも、戯曲を超えた高さを役に与えることも、ともに可能なのである。
知的に理解され予想される高さと、俳優が生きてしまう高さとは別物なのです。
ここに舞台の醍醐味があるのだし、ここに「より」の差異が言われる理由があるといえるでしょう。

ざっくりですが、以上にします。
長くなりました。

どうぞ又来週。

ペンギン

スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する