FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北風とヌード



北風。北風。北風が俺を裸にする。
俺はチンコぶらぶら、北風をなぞる。

狭い街路。建物と建物の間の底で、見えるのは四角い青空で、
降り注ぐ光は透明で、誰もが無言で、北風吹いて。

俺はヌーディスト。北風びゅうびゅう、チンコぶらぶら歩いていく。
雑踏のなか、寒々とした気分と開放感。

ひとびとを見よ。限りない微笑みを浮かべ彼等はどこへ行くのか。
あるいはまた、どこから来たのか。北風はどこから吹くのだろうか。

北風に入る。よろめくように、俺は北風に踏み迷う。
鼻先にある、目に見えぬ、ひんやりしたヴェールが俺を誘う。

北風を探れ。顔をうずめ、その吹き出づる場所で呼吸しろ。
それで俺はハイになる。その微少な酸素をもとめてる。



女がソファーに横たわる
その平坦な腹がうつくしい
そのなかにあたたかい内臓を感ずる
それはしたしい内臓である
女はぐったりとしまた微笑して
横たわる
おれは腰掛けて女の腹に口づけする
ばら色の血が永劫をめぐる
その音の淋しく鳴りやまぬ
ああ風の音に似ているなと知る俺に
秘密を明かして女のいう
「それは北風」
と女のいう

この北風は
山の上から吹くのだそうだ
ヒマラヤよりも高くオリンポスよりも遠く
あるのだそうだその山の頂
には万年雪が消えない
そこから風の吹くのはすべて
おれに向かって吹くのだそうだ
なぜに愛しているからだとか

女の瞳に虚空が映るのをみる
女がそれに微笑するのをみる
理由がないという理由で
女がいつも微笑している
のはそうして身構えているからである
女がおれをみる
瞳のなかに深きみ空のある
その信じれない程の高み
群青色
墜落をおぼえる

「あたしの山に登って」
とひらいた胸の光輝をみせる
女が
嘆願する
乳房は蒼白としてふるえる
ゼリーのなめらかさ
おれは目を閉じる欲望する手をのばす
暗闇に飢える漂う息づかいを嗅ぐ
その開かれた窓より盗み入るとき

北風がおれに吹きまくる
どうすることもできず吹かれてる
おれは一個の石のようだと思う
「それでいいの」と女のいう
その山でおれは何事かを知る
ぶらぶらぶらぶら
吹かれる
ままの
一個の石
北風がおれを裸にする

………

ペンギン
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。