スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「存在の響き」

メルマガ寄稿文の転載です。


++++++++
★ペンギン瓦版★
++++++++

「存在の響き」について。

レパートリー公演を観つづけていると、ぶっちゃけ、ストーリーなんてどーでもよくなりませんか?

僕の場合、レパートリー公演に限らず、他の芝居でも映画でも、ストーリーにさほど興味を惹かれません。

じぁ何を観てるのかというと、俳優の「存在仕方」。
その人間の状態とか、世界との関係の結び方ですね。

存在は、当然、何かしらの文脈(ストーリー)の内に有るものですが、それは必要最小限だけ分かればいいや、という感じです。

ちょっとオブジェを観賞するのに似ています。

そもそも、あらゆるモノは、雰囲気として何事かを語っているのですが、芸術ジャンルとしてのオブジェ作品とは、質の高い「考え」が込められたモノのことを指します。
この「考え」がモノの雰囲気を形作り、バイブレーションとなって観る者の心を揺らすのですね。

そして俳優とは、いわば「生きたオブジェ」です。

先日の稽古のときに、面白い経験をしました。
ある俳優がモノローグを語り出しました。とても小さな声でした。そのうちに、言葉とは違う「声」が聞こえて来ました。いや、聞こえるような気がしたのです。
僕はそれを「存在の響き」と名付けました。
つかみどころのない「声」でしたが、この「存在の響き」は、彼の何を信じているかを告げ知らせている、そう僕に思われました。

しかし、これは稀なこと。なかなか難しい。俳優は、最良の場合のみ「生きたオブジェ」に値するのです。

たぶん、その為には、俳優は恥ずかしげもなく素直に、企まず、開かれて「存在」しなければならないでしょう。

ペンギンは、「存在」を響かせたいと願う今日この頃です。


スポンサーサイト

夢みるにんげん

きみの語らない夢は
その目がぜんぶ教えてくれる
ぼくは人間がすきだ
うしなわれないでいてほしい

あざやかな夢をみるなら
ぼくもまた生きている
ぼくは人間がすきだ
うしなわれないでいてほしい

広大なよるのなかの
小さなひかり
にんげんはにんげんの夢をみる

無口なものたちのあいだで
それぞれの夜に
にんげんはそっと夢をみている


coma emerald

路地裏をスタスタゆくあなたも
スペインの陽射しのなかのあなたも
ベットで毛布にくるまったあなたも
すべておなじひとつのあなた

   やわらかな腹のなかで
   キラキラと昏睡する翠玉
   それが彼女をつれ去って
   それが彼女を踊らせる

あなたは路地裏をまがれば猫となり
スペインの陽を浴びてアネモネとなり
毛布のなかでは子供となる

   秘密の石を携えながら
   彼女はいつでも彼女を越えて
   彼女はいつでも彼女になる

シュガー・ソング

マザー・シュガーが歩いてくる
眼差しに 最後に訪れた慈悲を宿して
不動の 壊れた笑みをうかべ
予言など無視して
期待とも関係なく
なま臭い吐息とともに
おまえを串刺しにするために
顎下から脳天を撃ち抜くために

  彼女はマリア様 愛しい人
  万人に愛し愛され
  俺を嫉妬に狂わせる
  六月猫が
  そんな俺にコケコッコー

彼女は剥き出しの顔で街を歩く
化粧をしても隠せないアラレもなさで
おかまいなしの歌い方で
シルヴァー・エアに遣わされ
死を従え
欺瞞に充ちて
忘れ
俺を飲み込んでしまう
窒息させてしまう
俺は顔を赤らめ 彼女の隣を歩いていく

  あたしは売女 あんたの女王様
  万人に買い買われ
  あんたを嫉妬に狂わせる
  パンキー・カナリアが
  そんなあんたにダミ哂う

向かえ ホテル・カモメの泪は世界の果て
倒れ込みそうなステップを踏んで
衝突する 流れ星に乗って
犬を蹴って
彼女の歌に耳をすまして

 “楽しくって仕方がないの
  シュガーなんて女はいないの
  海はあんまり広くて くすぐったいの”

草原色のベットで見る夢は
赤い夜のなか
残酷な月の女神のもと
夜霧の港を船が発ち
女は腐乱した 新鮮な果実に変わり
男は枯れた 新鮮な花に変わる
見知らぬ赤ン坊が そこに‥‥

バニラの香り

日曜日、青空の電線に、雀が消える。
灼熱のなかで、アスファルトは、午睡する。
「はやく死んでしまえよ」と、吹かない風が、囁いたか。
子供らは、無垢なるものらは、どこへ行ったか。

洗濯物、乾いたかしらって、お母さんが言っている。
お昼は天ぷらよ、いらっしゃいって、お母さんが言っている。
僕は寝床で、胸をふさぎ、身悶えする。
おそろしい罪悪と、苦悩とで、眼がくらむ。

世界が僕を拒絶するのは、そっくり、僕がそうするからか。
喉元に、鉛を飲んだような、感じがする。
海底に、街が沈んだような、感じもある。
疫病の過ぎるのを、僕はただ、じっと待つ。

疲労して、色褪せるにまかせて、放心している。
悪魔がきて、僕を滅ぼすことを、恐れているのに、
祈りを、何に捧げるべきかも、分からずにいる。‥‥

‥‥ばかばかしいなぁどうにでもなれ、こわくなんてないんだ悪魔も神もいるもんか、
はは、くだらない、お母さんだってほんとうはとっくの昔に死にました、つまらない、
ペテン、じぶんでじぶんをペテンにかけて意味なんてない、おしまい、さてどうする、
ケツの穴しめろ何度もしめろ今しめろ、腹いっぱいの空気を吸えばどこか甘いバニラ。

白い便器

星の失せ た 時刻
肉屋のシャッ ターの奥で
包丁を研 ぐ音 するとき
インポテンツの神は さまよ う
破 壊の 対象を探して
なまぬる い春風
夜桜に射 精して
バーの階段 降り て いく
タバコ の煙 ごしに
魂     を売りに出して
ざわ めいて踊る人々
パーティー は今 夜
インポテ ンツ の神は渇望した
ビールグラ スを傾けて
言葉   を交わ そ う
不滅の春の訪れ が語られ
恋する者の不滅 が語られた
誰も が熱心に耳 を傾け る そぶり
分かり切った 悲 劇
白い便器 の前で肉体を交わ す ヒトたち
ここに知っ た顔がない
魂は売りに出されて食卓に並 ぶ
永 遠にもぐり込むまで
パーティー はつづ け

夏。まどろみながら・・・・

夏。まどろみながら、
饒舌な私は白紙。   まっ白。
希望をめぐる一季節、
おまえは何を語ったか。
ふるえる指を
指を少女の股間につき入れろ。
はだかのアリスは行くあてもなく、
逃げていくにげていく‥‥
夏。私は白紙。
地平線で重たい音楽がイカレてる。
凍える天球は、いまも
ぼくを閉じ込め回っている。
なにも聞くな
なにも答えるな
私は白紙。
役人がやって来て言う。
「きちんと説明してください。」
俺は中指立てる。ひねりだす  「ゲップ」
残された愚行。
夏。
若さは沈黙に値する。
痩せ細る指で
指でアレをなぞる。
痛い空気。
アリスは  どこ?
炭酸を飲んだ。風に吹かれて
鼻血を出した。
俺は愛を知らない。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。