FC2ブログ

揺れる枝葉

高い木がある。
彼女の何倍もの頭上で、
その枝葉が揺れている。
彼女からは見えないその場所で。

僕の愛と呼ぶものを、
あなたは無為に打捨てて、
「たとえば私のために笑ってみせて」と、
僕を途方に暮れさせる。

揺れる枝葉。
僕からは見えないその場所で。
泣き言は届かないその場所で。

僕は走る。
秘密よりはやく自分よりはやく僕は走る。
いま諦める、すべて。

………
ペンギン
スポンサーサイト



妖精ウンコ自由

「人という不自由のなかで、
妖精よ、人はとても自由だ」

………………………

「今日はどんなゲームを始めるつもり?」
と妖精が、目覚めた僕に言った。
その美しい妖精は、それから、
僕を食べてしまった。
恐ろしい獰猛な彼女にあたまから喰われ、
その腹のなかで、僕は溶けた。

可哀相な僕の純度120%のからだは溶けてしまった。

と夢が破れた。
僕はまだ人間の形をしていて、
妖精はこの世に存在しない。
一日はあいかわらずで、
人々はそぞろ歩き、
蔑んでみたり、
愛してみたり、
徒党を組んでみたり、
偉そうにしてみたり。

僕はもう一度目を閉じる。
彼女の無慈悲な喜びのあと、そこに僕は存在しない。

と未知が微笑む。
妖精に喰われたウンコの僕。
くすぐったい朝日が、
僕をこの一日へと追い立てる。

人という不自由のなかで、妖精よ、人はとても自由だ。

…………
ペンギン