スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つぶやいて五たび‥‥

「いっちょバカを
 ヤらかすかぁ」

自暴自棄、ではありません。

僕らの劇団には「バカ」の稽古(という一過程)なるもんがある。
ウチの劇団員が、時としてバカに見えるのは、ま、稽古中(とばかり言えない?)だと思って見て見ぬフリして下さい。

えー、バカ、という言葉はいろんな使われ方をしますが、たぶん僕らの稽古では「分かれない人」ぐらいの意味だと思う。
そーゆーバカな人になる稽古。
脳みそ神経を、そーゆーバカな状態にすると、分かりたい(コレは必要)のに、分かれない。
なんだかアタマに隙間ができちゃって、そこから何かが抜けてる感じだ。

でもなぜ?そんな稽古を?

ドラマの基本構造には、「お互いに分かりあえない」というカタチがあります。

アニシモフが喩えでよく言うんですが、
AとBが舞台に出て来て、
A:オマエこれ分かるか?
B:うん分かる。
キミはあれ分かるか?
A:ああ分かるよ。
B:そうか。
幕おしまいジエンドFin3秒
ドラマになりません…

俳優は舞台のうえで、物分かり悪くてよろしい。
バカチンでよろしいのである。

アニシモフはまた、ちょっと違った意味で
「舞台でバカに見えるのを恐れるな」とも言います。

自分を賢く見せたいとは、俳優の密かに願うところです。
いや、人情か。
でも優れた戯曲ほど、人物はバカチンに描かれているものです。
そもそも人間の実相がバカチンなのだ。
そしてホントウの賢さは、そのバカチンさと不可分なものであるはずなのだが。
とかいって、、本当は僕、ホントウの賢さが何か知りません。あれれ。
書いたものの、本当はイメージすら出来ないちゅーねん。

さておき、僕らはバカになれバカでいいよと言われているのですが、、
これって、あっそう、ナンカ自由だなぁという感じ、しますよね。
実際、これは自由なことです。
ただ、ちょっとだけ勇気がいるんですね。
自由のリスク、当然です。
だから僕らは、稽古を通じて、退屈な自己防衛の解除をするのですなぁ。

ペンギン

スポンサーサイト

4回目のつぶやき

「僕らは
驚きによって問い、
同時に、
驚きによって
答えているんだ。」

僕らの劇団には、「驚き」の稽古(という一過程)なるもんがある。
とにかく全部に驚いてみせろ。台詞のすべて、相手役、どんな出来事にも驚け。
その心の状態、即ち良し。

はじめは、形ばかり驚いて、オーバーで、見ていて変です。ウチの劇団員が、時として変なのは、ま、稽古中だと思って(それは日常にも及ぶ)、見て見ぬフリして下さいね。
でも、正しく稽古すれば、ある心の状態がやってくるんです。

心にも技術がある。
この、俳優にとっては当然のことを、この劇団ではじめて学んだ気がする。

ではさて、「驚き」の心の状態ってナンなんでしょう?
あるときアニシモフ曰く、
「驚きとは、問いであり、答えでもあるような、そんなものだ。」
これが今回のつぶやき。
僕は、ああそうか!と妙にこの言葉に了解したのを覚えている。
いったい何処に了解したのか?

例えば「驚き」を僕なりに解説するなら次のように言うだろう。
それは、既成概念のない、あるいは判断一時停止した場所で、はじめてのモノ(経験)に出会うことである、とか。
ムナシイ…
解説してみて「驚き」は、既にここに無いのデアル。

「驚き」の状態を言うことと、「驚き」の状態にいることとは別物だ。
そしてアニシモフの言葉は、俳優にとって「驚き」とは何かという意味で後者を問題としている。

あの言葉は「だからもう答えるな」というようにも聞こえる。
安易に言葉で分析するな。
いや、あえて言葉にはするな。
驚いている心の感触を味わえ。
その感触は、無限に多様だ。
人は無限に驚くことが出来る。
「驚き」の、持続。。

アニシモフはまた、こんなことを言っています。
「私は驚きのトレーニングを二年間続けたあとで、やっと何かを掴みました。」

ナニを掴んだか知りませんが、しかし彼をみていると、「驚き」が人格の一部になっているのは確かなのでゴザイマス。
二年間?
やれやれだ。

ペンギン

三度目のつぶやき

「いま
新しい感情を
宇宙に
与えよう」

というのが、先週のつぶやき。確かアニ語録。

芸術の本質は新しいということである、と岡本太郎画伯もおっしゃっている。
画伯は、流行の新しさと芸術の新しさを区別して語っておられたが、ま、コマカイことは忘れた。
すぐ忘れる…、
イタリア語で天井をなんて言うか、窓をなんて言うか忘れた。いや、初めから知らないか…。

とにかく、「いま」新しい何かを生み出すことが大事。
生の一回性と特殊性に自覚的であることが「いま」に対してこころを開く。
けれど、それってケッコー出来ないのだ。

アニシモフ曰く、
「繰り返すこと(現状維持)は、すでに死につつあることである。
だのに俳優ってばよ、舞台に出てきて前と同じことばかりやりやがる。」

繰り返さないこと。
常に新しく。
それが私達の身上だ。

ま、そんなリクツはともかく、でも僕が今回のつぶやきを好きなのは、もっと感覚的なところです。

花に水を与える。
花はよろこぶ。
同じように、
宇宙に新しい感情を。
すると宇宙がよろこぶ。
そんな感じ、しませんか?

ペンギン


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。