スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/2迫る!

吉祥寺シアターにて、
僕等、東京ノーヴイレパートリーシアターの
「どん底で」やります!

俳優たちはウズウズしております。
僕も楽しみです。
滅多に観れない大舞台での「どん底で」上演!

いい舞台になると思う。
でも、あなたのチカラも貸してほしい。
劇場に足をお運び下さい。

そして、あなたの感受性がどう反応するのか、この日、試してほしい。
舞台では、そんな、心に耳を傾ける行為こそチカラとなるのです。

吉祥寺で会いましょう。
今度の日曜、
五時開演です。

チケットのご予約はお早めに。

ペンギン
スポンサーサイト

銀河の彼方へ

僕はいま、感動している。
新作「銀河鉄道の夜」が連続5回公演を終えて、
ひとつの作品として産まれたことを感じている。
いまや、世界にこの芝居が存在している。
それがとても美しいものであることを誇らしく思う。
そこに参加出来て幸せである。

こうして僕等は、最初の停車場にたどり着いた。
もちろんそれは、通過点だ。
この旅に終わりはない。

僕は祝福しよう。
全ての誕生は感動である。
祝福しよう。
新しい旅に。
そして願わくば、この作品があなたの「すきとほったたべもの」となりますように。

ペンギン

4期開幕!

おかげさまで、東京ノーヴィレパートリーシアター第四期は、「銀河鉄道の夜」をもって開幕しました!!



何だかめっきり書き込みが少なくなって、寂しいブログですが、舞台のほうは、無事、上々な滑り出しをはじめました。

自分等で言うのもナンですが、僕等のこの「銀河鉄道の夜」は、ひとつの小さな芸術です。
(というか、芸術たりうる素材ですね。
だから、毎回の公演で、これを芸術たらしめる責任と喜びが俳優にある)

曰く、
「君達はすばらしいことをしているんだぁ」

とは通訳の遠阪先生。
なんか泣いておられた。
めずらしいことだ。

昨日のプレビュー公演あとのオープニングパーティーでのこと。


曰く、
「僕は大学の教授仲間に、是非観るよう薦めたんだよ。(4年目にして初めてらしい、)
それは君達の芝居がいいから、僕は自信をもって言ったんだよ。
君達も、もっと自信を持ったらいい。」
そして、なんか泣いておられた。

僕等の愛する先生に、ようやく僕等(の芝居)が愛されてきたらしい。

皆さん!
観に来て!
完。



ペンギン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。